スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俵万智「島に来て」

俵万智は、沖縄か鹿児島かそのあたりの離島にいるみたい。
母が、購読している短歌雑誌に載っていた短歌を送ってくれたので、
何歌か抜粋。


「島に来て」俵万智(短歌研究 2011年10月号掲載)
---------
島に来てひと月たてば男の子アカショウビンの声聞きわける


醤油さし買おうと思うこの部屋にもう少し長く住む予感して


「帰る理由」「帰らぬ理由」並べれば角のとれないオセロのごとし


孟母にはあらねど我は二遷して西の果てなるこの島に住む


第三者的には「軟禁」とも言える免許を持たぬ離島の暮らし


おしゃれすぎる企画書が来て東電の工程表のように眺める


近海もの国産ものを避けながら寂しき母の午後の買い物


係員の入力ミスか「日本は終了しました」とある掲示板


子を守る小さき虫の親あれば今の私はこれだと思う


縁側に並んでスイカを食べているぷぷぷぷぷっと我が子島の子


海の日が命日となる魚らの死体を煮つけ命いただく
---------


海の日のことが最後にあるから、
7月20日より前の短歌かと思います。
「日本は終了しました」はもっとずっと前に
ツイッターで見たような気もしますし…。


俵万智は経済的には困っていないと思うけど、
シングルマザーで、一人で子どもを連れて避難って、
決心のいったことだと思います。


関連記事

コメント

泣けますね

おろかでも小さき虫でも子を守りたい!
でもどうすれば?
日々悩んでいます。
来月、連休がとれたら沖縄方面へ、移住も視野にした旅行へ行くつもりです。
でも子供の教育水準などなどを考えて躊躇してしまう・・。
もしこのままここで暮らしていても大丈夫だったら?
子供の未来をつぶしてしまわないかしら?
甲府へのお引越し(勝手に寂しいですけど)とてもうらやましいです。いろいろ悩んで自分で決めないといけませんよね。

2011/10/11 (Tue) 14:40 | acco #ntjGH7yg | URL | 編集
ほうとう記念日ができるかも

サラダ記念日を思い出しました。
甲府にいらしたら、「ほうとう」と「鳥もつ煮」が待っているでしょう。
お子さん達と一緒に記念日を沢山お作りください。

本日は終了する間近ですがコメントさせていただきました。

2011/10/11 (Tue) 23:52 | ictkofu #EF5FMcj2 | URL | 編集
Re: 泣けますね

>accoさん、


沖縄…!
私も本当は、沖縄か九州がよかったんです。
でも家人との調整の結果…。
でもいつかそっちを目指したいとは思っています。
ぜひぜひ、どんな感じだったか教えてください。


ところで、教育のことですが、
私は家庭教育のほうが大事だと思っています。
それに最近、いい大学にいって、御用学者になるようではな…、
とか思うと、いわゆる有名大学などの肩書きに
ありがたみを感じなくなってしまって…
(もちろんすばらしい勉学の機会を与えてくれる学校はあると思いますが)。
今大事なのは生き延びる力なのかな、とか思ったり。

また、ここで暮らして大丈夫かどうかは、それこそ、何かあるまで
わからないと思うのです。
病気になったり、生まれてきた孫に障害があったりして初めて、
「あ、もしかしてここはだめだったの?」と気づくのかと。
それまでは、何十年も、同じ生活だと思うのです。
逆に言えば、何もないまま、生涯を終えて、「全然大丈夫だったね」
と思う人もいるのだと。
個人差もすごく大きいと思いますし。


>いろいろ悩んで自分で決めないといけませんよね。

ほんとに、そのとおりだと思います!


コメント、ありがとうございました。
沖縄、楽しんでらしてください(^-^)/






2011/10/12 (Wed) 10:52 | Fumie #- | URL | 編集
Re: ほうとう記念日ができるかも

>ictkofuさま


「煮ぼうとと比べて食べたい昇仙峡 家族そろってほうとう記念日」
「飼料は何、産地はどこか、確かめて そして作ろう鳥もつ記念日」
無理やりサラダ記念日風にしてみました。
あ、なっていないでしょうか…(笑)?


甲府、いまわくわく度が高まってきています。
「ほうとう」は私の実家のB級グルメで、「にぼうと(ほうとうを煮込んだもの)」
というのがあり、それとのちがいを比べてみます!


こちらにコメント、ありがとうございました!

2011/10/12 (Wed) 11:09 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。