スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪国まいたけの菌床のおが粉は福島産ではない、が。

先日、きのこ類は、栽培場所が問題なのではなく、
菌床が問題なのだという記事を書きました。
ぶなしめじ、まいたけ、なめこも微妙…えのきもどうなの?


そこで、雪国まいたけに問い合わせフォームで質問をしてみました。
検出限界値20Bq/kgの引き下げと、菌床について。



引き下げについては、現在検討中とのこと。


また菌床のおが粉については、福島産ではなく、
仕入れたものについては、仕入れ時にチェックして
いるとのこと。


一応、検査体制は整えているようですが、
おが粉も、福島産だから問題ではなく、汚染されていたら
問題なのですよね。仕入れ時のチェックで放射性物質が
検出されたりしたことがあるのかは、そのへんはわかりませんでした。


横浜市で、10/3、給食の1品検査のまいたけから、
セシウムがでました。
それぞれ6Bq/kgほどで、合計すると12.2Bq/kg。
小学校給食食材の放射性物質の測定状況 23年8、9、10月


まいたけの産地は新潟県南魚沼市。
雪国まいたけと一緒の場所なので、もしかして…、
というウワサもあり。
わかりません。


給食に使ったのは確か一人当たりは5グラム。
12.2×0.005=0.061Bq/kg。
多少量は前後するとはいえ、これを許容するか
しないかはそれぞれの判断でしょうけど。


教育委員会に電話した方のツイートでは、499Bq/kgまでは
使用するんですって。
ばかか。横浜は。
少しは考えていただきたい。


10/4のニュースで、松本市の給食は
ウクライナ基準を採用すると見ました。
松本市、学校給食で放射線測定 ウクライナ基準を採用
「なんで松本でできるのに、横浜はできないの?」とか言うと、
「規模がちがう」とかいろいろできない理由だけは
たくさんあげるんだろうな…。



以下、雪国まいたけさんよりのお返事。
============
平素よりご愛顧賜りまして誠に有難うございます。
雪国まいたけ お客様相談室の○○と申します。

まずはお返事が遅くなりました事、誠に申し訳ございません。
CM後、沢山のお客様よりご連絡を頂き、現在少しずつですが
お返事をお返ししております。

お問い合わせ頂きました放射能に付きましてお答え申し上げます。

まず検出限界値でございますが、現在は20ベクレルとなっております。

検出限界値はお時間をかけるのであれば、もっと低い数値まで検出する事が出来ます。
しかし出荷前に検査結果を公開致しますゆえ、現在の限界値となっております。
もっと低い限界値に出来るかどうかは、今後の弊社の課題となっております。

ただ、徐々にではございますが、段階的には下げていく予定ではおりますので
もうしばらく、お時間を頂きたく存じます。

おが粉に関しまして放射能問題後、福島県産のものは入庫しておりません。

他から仕入れておりますが、納品される前には必ず放射能検査はしております。
出来た製品に関しましてもご存じの通り検査いたしまして
二重のチェックをしております。


お返事が大変遅くなりました事、改めてお詫びいたします。

今後とも弊社並びに弊社商品をご愛顧賜りますよう
何卒、よろしくお願い申し上げます。

*----------------------*
(株)雪国まいたけ
お客様相談室 ○○○○


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。