スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビに出ます 9/30 19:30~【NHK首都圏スペシャル】

NHK 首都圏スペシャル
2011年9月30日(金) 午後7時30分~午後8時43分
『放射能汚染 どう向き合うか(仮)』

福島第一原発の事故以来、首都圏に住む私たちの暮らしは放射能汚染との共存を余儀なくされている。
横浜市内の学校給食で出された牛肉から基準値を超える放射性物質が検出され、首都圏各地の下水処理場では放射能汚染された汚泥の処理に困惑している。また、農作物の生産現場では消費者に安全をアピールするため独自の汚染調査を始めている。
番組では、首都圏の放射能汚染の現場を徹底取材するとともに、視聴者からの意見を随時紹介しながら、私たちがこれから放射能とどう向き合っていくのかを考える。




上記番組の横浜支局の持ち時間が16分。
給食問題をとりあげるそうです。
いろいろなシーンがあると思いますが、
その中のお弁当をもたせてるお母さんと娘、という
ことでこの前取材がありました。


朝5時半から、お弁当つくりの撮影。
作ったことのないチリコンカーン。
そして当日は1歳児と3歳児が手足口病…、
という状況でしたが、なんとか…。


以前、先生にメニューを合わせるよう言われたことを
ブログでぐちったら、とってもたくさんの人に
コメントをもらいました。


そして知ったのは、「一人じゃない」ということ。
いろんな場所で、がんばっている人がいるということを
知って、とても力強く感じました。


テレビに出るのは正直躊躇する気持ちがありました。
でも、これを見て、「お弁当を持っていくという選択肢があるんだ!」とか、
「あそこでもがんばっているひとがいるんだ!」とか、
そう思う人が少しでもいるならいいな、ということで、
出ることにしました。
それこそ、「覚悟」しないと。
ま、実際、出るのはちょろっとだと思いますけど。


少しでもお弁当仲間や、気づく人が増えることを祈りつつ…。



とかいいつつ、撮影は楽しかったです。
最後にカメラマンきどり。

写真 (60)


関連記事

コメント

楽しみです!

勇気に拍手いたします。
娘さんがこれでお弁当という選択に自信をもてますように!
大きくなったときお母さんのことをきっと誇りに思われることでしょう。

是非家族で見せていただきますね。
うちの子も大いに励みになると思います。
良い番組に仕上げてもらえることを願っています。

来週も、元気にファイト!

2011/09/23 (Fri) 21:09 | 同じく都筑母 #- | URL | 編集
見ます

こんにちは、もうひとつのブログから来ました。
私も勇気と、信念に拍手いたします。
来週、番組を見させていただきますね。

2011/09/23 (Fri) 22:35 | Catherine #- | URL | 編集
Re: 楽しみです!

>同じく都筑区母さん

ありがとうございます!
私もこういうのに出ることが娘のプラスになるだろうな、と。


> 是非家族で見せていただきますね。

かおがきっとこわばってたりすると思いますが、
ぜひ♪


> 良い番組に仕上げてもらえることを願っています。

ほんとに。そこ、少々心配です。
いい番組になるといいですが。

来週もがんばりましょう♪

2011/09/24 (Sat) 09:53 | Fumie #- | URL | 編集
Re: 見ます

>Catherine さん、


あちら、全然更新できなくなってしまって…(汗)。
こちらにも来てくださってありがとうございます。

テレビ、ほんと、顔がこわばってそうですが、
おおめにみてください。

コメント、ありがとうございました(^-^)/

2011/09/24 (Sat) 09:55 | Fumie #- | URL | 編集
首都圏だけでしょうか

そうなんですか!!
ぜひぜひうちも見たいですが、福岡だし、テレビも持っておらず・・・

ぜひ、録画をUSTなどで見れないでしょうか・・・
お子さんも写るんですよね。

よい番組になること期待してます。

うちも、アトピーでNHKに取材されたことあります。
わずか3分の枠でも長時間撮りますよね。
結構収録は子どもは楽しいみたいですよね。

他の親御さんを動かすきっかけになりますように。
応援してます。

2011/09/29 (Thu) 09:27 | アミル #- | URL | 編集

明日の放送ですね!ぜったい録ってみなきゃ。
先日のクロ現のこともあるし、どんなふうに編集されるのか
よーく観ておかないと。

ちょっとずつ石が動くといいですね。

2011/09/29 (Thu) 10:04 | abemi #- | URL | 編集
Re: 首都圏だけでしょうか

>アミルさん、

福岡なんですね。
首都圏スペシャルは、関東甲信越での放映のようです。
テレビのない生活も、いいですね!


> お子さんも写るんですよね。

そうなんです。
やはり子供自身が写ることが、ほかの子供への
働きかけになるかと思い。


> うちも、アトピーでNHKに取材されたことあります。
> わずか3分の枠でも長時間撮りますよね。
> 結構収録は子どもは楽しいみたいですよね。

そうなんですね!
今回も、この朝の3時間と、別の日にまた3,4時間、
インタビューとか撮って、けっこう長時間でした。
でもきっと、ほんとに一瞬くらいなんでしょうね。


> 他の親御さんを動かすきっかけになりますように。
> 応援してます。

ありがとうございます!
たとえ少しでも、なんらかの変化につながるとうれしいです。

コメント、ありがとうございました(^-^)

2011/09/29 (Thu) 20:15 | Fumie #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>abemiさん、

クロ現、さいごのまとめはひどいですよね!
御用学者一人しか出さないし。

今回のは、両サイドの学者と、
子供のいるタレントの男女をスタジオに招くそうです。
だから、偏った意見にはなりません、と言ってましたが、
どうなるんでしょう。

でもともかく、お弁当という選択肢があるってこと
だけでも伝われば…
と思ったのですが、今日とくダネ!の小倉キャスターが
お弁当持参についてひどいことを言ったようで。
(ツイッターで見た)


それでも、きっと伝わる人には伝わって、
少しずつ変わっていくことを願っています!


コメント、ありがとうございます(^-^)

2011/09/29 (Thu) 20:19 | Fumie #- | URL | 編集
コメントです

皆さん苦労されていますね。お子さんやお孫さんがいるとこれは、もう大変ですね。でもいずれ直面するであろう、危機ー温暖化やエネルギーの危機、食糧危機に備えて、みんなでこの際鍛えておくことも必要です。災いをばねに危機に強い日本人になりたいものです。

2011/09/30 (Fri) 18:32 | 石井健一 #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/09/30 (Fri) 20:16 | # | | 編集
Re: コメントです

>石井さん、

たしかに、今、訓練になっているなと思います。
あとは自給自足ができればなおよいのですが。
原発事故が起こり、政府がまったく対応仕切れていないのを見て、
TPPもゴミ問題も何も考えずにいると悪いほうに連れて行かれる、
と危機感を募らせています。
しっかりふんばらねば、と思います。

コメント、ありがとうございます!

2011/10/02 (Sun) 07:07 | Fumie #- | URL | 編集
Re: みましたo(^-^)o

>になさん、

コメント、ありがとうございます!
プルトニウム、飛んでましたね。まったく、いい加減なことを
言わないでいただきたいですよね。

食品の全量検査が当たり前の世の中になるといいですね。

2011/10/02 (Sun) 07:08 | Fumie #- | URL | 編集

優しくて頑張っている様子を拝見しました。
ご苦労様です。ご心配はよくわかります。

>食品の全量検査が当たり前の世の中になるといいですね。

無理ですよ…鮮度は落ちる、価格は倍、出荷範囲の縮小が考えられます。それに耐えられる国民は多くないです。産地の選別とお弁当作りをできる時間的経済的な今の貴女の現状に感謝し、少し肩の力を抜いて‘私、頑張ってる”と言わないで続けられた方が賢明です。将来、子供のためになる!などと思わないで…思い込みが強いと、ご自身が辛くなるように思います。

2011/10/02 (Sun) 11:33 | tonbi #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>tonbiさん

ご心配ありがとうございます。
肩の力をぬく道を模索中です。

そういうときに「無理ですよ」と決め付けられると
とても悲しい気持ちになります。
無理ですよ、と思っている限り、無理だと思います。
まずはその意識から変えていかないと。
でもきっと、tonbiさんは変えたいと
思っていらっしゃらないのだと思います。

コメント、参考にさせていただきます。


2011/10/02 (Sun) 11:42 | Fumie #- | URL | 編集

弱腰のアリバイ工作のようなサンプル検査と実現が非常に困難な全量検査がどのように歩み寄ってゆくのか。小さなお子さんをかかえている親御さんの不安を根本的に払拭するためにも一歩踏み出さなければならない時にきています。どんなに自身の説が正しいとしても施行される方法は【社会に流通可能な制度システム】でなければならないことはお分かりですよね。私は専門家ではありませんが、学生時代から食品添加物をスタートに原発問題にも関心を持って今に至っています。東海村の事故時には貴女と同じように食品の産地を選別して買い求めた体験もあります。原発がなくても暮らせる社会を求めていますから同じですよ。

2011/10/02 (Sun) 13:11 | tonbi #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>tonbiさん、

同じ立場にいらっしゃるなら、なお、「ムリですよ」
という発言をされるのが悲しいです。

全品検査、ムリではないと思います。
ちょっと前に話題になった、国会での児玉教授の発言、
質疑応答部分に、全品検査の説明があります。
できそうですよ。
文字書き起こし部分を見ていただければわかりますが。
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/07/blog-post_29.html

なぜしないのか。
補償の範囲をせばめたいといか、面倒とか、
そういう理由を考えてしまいます。

行政を動かすには市民の側が動くしかない。
この場合で言えば市民測定所です。
私はそういうアクションを起こしていきたいと思います。


2011/10/02 (Sun) 18:56 | Fumie #- | URL | 編集

資料ありがとうございます。
児玉教授のお話をよく読ませていただきます。
ご主張は全品検査に変わられていますか?

2011/10/02 (Sun) 19:47 | tonbi #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

> tonbiさん

> ご主張は全品検査に変わられていますか?

ご質問の前提として児玉先生のご主張が何であると
思っていらっしゃるのかがわかりませんが、
資料をお読みになって、疑問が解決されてらっしゃるといいですね。

2011/10/03 (Mon) 10:32 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。