スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜での署名、ご協力お願いします。

横浜の子供たちを放射能から守る会で、署名に取り組んでいます。
給食を、内部被曝ゼロに近づける署名です。
オンラインでできます。
ご賛同いただける方はぜひ、お願いいたします。

署名はこちらから



関連記事

コメント

署名しました

まだまだ小さいお子さんを抱えてブログや他の行動、見習いたいと思います。うちはもっと大きな子供たちですが色々心配です。くさま議員のことをこちらで知りました。頼もしい方ですね。
うちは目下、修学旅行の日光が悩みの種です。
署名が効果を持つと良いのですが。
お弁当を持たせることも大変ですが
修学旅行を一人だけあきらめさせることも
とてもつらいことです。

でもこちらに来て励まされ、親のできることを精一杯やらなくてはと思います。
世界がすっかり変わってしまいましたね。
明るさや笑いも、是非とも忘れず、大らかさもなくさずに
頑張っていきたいですね。

これからも寄らせてください。

2011/08/04 (Thu) 16:10 | 同じく都筑母 #- | URL | 編集

〉都筑区母さん

コメント、ありがとうございます!
署名、効果があるといいですね。超えをかけられた人が、少しでも考えたりすることから、少しずつ変わるといいですが…
日光への修学旅行とか、なぜ場所の変更をしてくれないのでしょうね。
何事もなかったかのように日常を続けることがいちばん大事のように、行政は行動しているように思えてしまいます。
放射能をできるだけさける生活が当たり前のようになるといいですよね。
コメントありがとうございました!
これからも、ぜひよろしくお願いいたします!

2011/08/06 (Sat) 13:53 | Fumie #- | URL | 編集
修学旅行・給食

危ないかもしれないものは危ないと考える。火元には近付かないというのが、安全管理の鉄則です。修学旅行でわざわざ日光に行く理由がわかりません。どんなにいいプログラムが組めても、危険性の増すところに子どもたちを連れて行く理由にはなりません。放射線量の薄いところ、火元である原発から離れていく方向に行き、そこでできる限り良いプログラムを組むのが正常な状態でしょう。
でも、今はこのような鉄則より、原発事故なんてたいしたことはないのだというキャンペーンのほうが強いのです。そばに行くのも大丈夫。○○ベクレル食べるのも大丈夫。気にする人が悪い、モンスターペアレンツなんていう考えの人もいるのです。放射能は怖い、子どもを守らなきゃという人は自分の楽しみや評判を犠牲にしてもやりぬくしかないのです。多分少数派ですから。私なら、修学旅行には行かせませんし、給食は食べさせません。後で何かあっても、そのときには遅いのですから。子どもに何か健康被害が起きても誰も何もしてくれませんよ。校長先生や市教委が謝って、賠償金を支払ってくれたとしても、子どもの健康は戻ってこないのです。(謝ることすらないだろうと想像しています。)サバイバルとはそういう非情なものです。私は今でも外出時はマスクをしています。怪しいものは食べません。わずらわしくても、変に思われても続けます。自分の命、家族の命は自分で守るしかないというのが、この国の仕組みだと思っているからです。日本の行政が危機管理の思想を学ぶのは、この事件で大量に被害者が出て、巨大な社会問題になった後のことだと思います。横浜市では、この署名が効力を発揮して、事前に動いてくれるといいですね。汚染されていそうな野菜を積極的に食べさせたりする謎の対応がなくなるように応援しています。野菜が売れなくても、農家の人が困っても、横浜の子どもたちが食べて、健康を犠牲にしてまで助ける必要はないですよね。それは別の機関の問題です。農家の方が一生懸命作った野菜が売れなくて、破産しても、不幸になっても、子どもたちのせいではありません。事故を起こした原発に請求すべきことです。教育としては、子どもたちが健康に育つためにあらゆる危険性を考え、できるだけ危険を減らしていくべきですよね。それが言い出せない教育現場、校長などに対しては、プライドはないのかと言いたいです。通常、学校の指導では、廊下を走る子には走るなと言います。横断歩道の信号が点滅しているときには渡るなと言います。それよりも、原発・放射能はよほど危険なのに、なぜ指導しないのでしょう。国の言いなりになって大丈夫と言い続けて、今までとまったく違う考え方をしています。
えっ、うちの市?うちの市はだめでしょう。全市的に日光に行ってます。まったく何を考えているやら・・・。考えてないのか、何か裏があるのか・・・・・。

2011/08/17 (Wed) 00:30 | 近隣市より #- | URL | 編集
Re: 修学旅行・給食

>近隣市よりさん

おっしゃること、まったくもって、そのとおりです。
安全かそうでないのかわからないなら、そこには近づかない、と指導すべきを、
わからないんだから怖がるな、といわんばかりに、わざわざ
国民・市民を被ばくさせようとしていますよね。

どう考えても、将来の補償ができないから、としか思えません。
危ない、と言ってしまえば、「ならば補償しろ」となる。
だから「危なくない」という…。
これで得をするのって、だれなんでしょうね。
単に国民総被ばく、というだけなのに…。

2011/08/23 (Tue) 14:36 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。