【本の感想】田丸公美子『シモネッタのデカメロン』



田丸公美子『シモネッタのデカメロン』


巨漢の50代イタリア人男性が、日本出張のたびに、女性のお持ち帰りに成功する理由とは。
通訳歴30余年、アモーレ(愛)の国イタリアで、著者が見聞したおかしな夫婦や恋人たちのエピソードが満載。
愛の向こう側に豊かな文化が見えてくる、人生を楽しむヒントに満ちた大人のエッセイ集。
解説にかえて故米原万里さんとの対談収録。



また読んじゃった。
またイタリアの女好きの男たちがたくさん出てくる。
彼らが、下の事情をあけすけに通訳者である著者に話したことを、
本にしている。


米原万里との対談が載っていて、
こんなに男から話を聞き出せるのはすごいとほめていた。
自分の依頼者はこんな話をしたことがない、と。
ほかの通訳者からも著者はそういうことを言われたらしい。


彼女は依頼主からのお誘いをすべて断ったらしいのだけど、
(今じゃもちろん、全然誘われないって。なんて、もったいないことを…!)
下ネタは男女間のいい雰囲気を作らないことに有効らしくて
バンバン多用していたらしく、そういうところが
「君ならわかってくれるだろう」という相手の勝手な思い込みにつながって
話してくれたのかな。


いずれにせよ、きっと著者は、そういうことを話したくなる何かを持っているにちがいない。
全部話しても包み込んでくれるような懐の深さとか。
ツアコンをすれば参加者から「イタリアに来たら遊びにきてくれ」と
言われてもらう名刺が山ほどになるとか。
で、遊びにいったら実は息子の嫁に、と見染められていたとか。
きっと男にも女にも、好かれるたちの人なんだろうなー。


とかそんなことを考えながら読んだけど、だいぶ男たちに疲れてきたので、
次はちがう本を読もうかな。
当初は、何も考えずに読めて楽しいわーって思ってたけど。
若い頃読んでたら行けばモテると勘違いしてイタリアに行っちゃったかもしれないわ。


本棚整理のために積読本を読み始めたはずが、
おもしろいと思う本に出合うとその人のほかの本を買ったり借りたりするため、
あっという間に本棚がまたパンパン…。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する