庭で焼き芋

午前中、お師匠さんのところに植えさせてもらっているたまねぎの草取りに行った。
そのときに、「御釜もらったんなら、焼き芋をしなよ」と言われて、
帰りには御釜の蓋と、中にいれる石と、燃やす木と、焚き付け用の大豆のガラ(なんとよんだらいいのか。
大豆の豆をとった残り)をいただいた。


そう、御釜は先日、すごいお蔵のあるお家の方からいただいていた。
それもけっこう大きい鉄の御釜を。今の時代には売っていなさそうな年代物を。
ここまでお膳立てをしていただいたので、うちに帰って早速準備。


まずは大家さんの残していったブロックをコの字に6個組んで、
御釜を載せて、もらった石を洗って入れて、芋をあらって入れて蓋して火つけ。

2016122102.jpg


火を起こすのに15分くらいかかったかもしれない。
慣れないのでけっこう大変だった。

2016122103.jpg



ついてしまえばあとはラクで、その間はかまどのそばで大豆のよりわけ。
ごみも虫食いも入っている状態から、

2016122101.jpg


これに。

2016122104.jpg


これがなかなか大変。
今日は2時間で半分くらい終わったかな。


で、1時間燃やして1時間は余熱してと言われた通りにして
2時間後に蓋をあけてみたら、串もスーっとささって、
あまーい焼き芋ができていた。

2016122105.jpg


燃料もかからないし、これは最高!!
けど、さつまいもがあと1回焼き芋ができるかどうか、くらいしかないので、
来年はもっと植えようと思う。
また庭の楽しみが一つできた。




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する