スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お芝居に出ます】井上ひさし『貧乏物語』@こもれびホール(西東京市)7/30(土)

こんなぎりぎりになってからの宣伝ですが、
明日、東京でのお芝居に出ます。
(と思ったら1か月前に同じような投稿をしていましたね…
忘れてました。とりあえず、またあげます)


井上ひさしの『貧乏物語』。
時は昭和9年。
「世の中には貧乏というやっかいなものがある。このやっかいなものをなくすには、国の仕組みを変えねばならない」って『貧乏物語』に書いた河上肇博士は、治安維持法違反で捕まっています。


その留守宅を守る、妻ひで。
その娘で銀行ギャング事件にかかわって捕まって、でも転向声明を書いて家に戻ってきた22歳のヨシ。
ヨシに心酔している女中、初江17歳。父の死後、母に芸者になれと強要されて家出して女中になった。
インチキ占い師の夫の元から出戻ってきた元女中お美代。
外に子供までこさえた、役人の夫の元から出てきた早苗。
女優になるために家出して、でも時制柄うまくいかずにおさわりカフェ(?)で働こうと思ってできなかったクニ。

そんな6人が、お互いの話を聞きながら、自分の生き方を見つけていくようなお話。
とにかく女、女しか出てこないのでにぎやか。
とってもおもしろい脚本で、しかも、読めば読むほどふかーいお話。
私は17歳(!)の初江ちゃん役で出ます。
もしご興味あっていけそうだって方はぜひいらしていただけるとたいへんたいへんうれしいです。

【日時】7月30日(土)13:00開演
【場所】西東京市保谷こもれびホール
【料金】1000円
※平和を祈る演劇祭の一環で、1000円でほかの劇団の劇もみることができます。


ちなみに、山梨公演もあります。
【日時】8月6日(土)14:00開演
【場所】東光寺(東光寺 甲府市東光寺3-7-37)
【料金】2000円

2016062402.jpg



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。