スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【講演会】11/29(日)大塚貢先生『食べものが変われば、子どもが変わる』@甲府

給食を考える会・山梨主催の講演会のお知らせです。
食について、給食について考える機会になればなあと思います。
お子さんスペースも用意するので、お子さん連れでぜひ。
※当日お手伝いしてくださる方も大募集中です!

【日時】11/29(日)
開場:13:30~
講演:14:00~15:30
パネルディスカッション:15:40~16:20

【会場】ぴゅあ総合2F 大研修室

【料金】事前予約500円(※当日清算)、当日800円

【予約】090-1764-2072

【講師】大塚貢先生
平成4年から長野・真田町の中学校で校長を務め、いじめ・非行・不登校が多かった「荒れた」学校を、給食を変えることで立て直した。
平成9年、旧真田町教育長就任。市町村合併後18年より、上田市教育委員長。
退任後、現在は教育・食育アドバイザーとして活躍中。
著書『給食で死ぬ!!-いじめ・非行・暴力が給食を変えたらなくなり、優秀校になった長野・真田町の奇跡!!』

【内容】
赴任した中学校は、とても荒れていた…
タバコの吸い殻を集めると、1、2時間でバケツ一杯。
かつあげも横行、さらには空き巣をしたりする子まで。
大塚先生は、「授業改革」・「花づくり」、そして「給食改善」を通して生徒たちの心に
落ち着きを取り戻させた。いじめ・非行・暴力が減り、学力が向上し、
生徒がいきいきと学校生活を送るようになった。
給食改革では、週5食米食にして、魚と野菜を増やした。地元産のものを
できるだけ無農薬もしくは低農薬でいれてもらった。
食べ物を変えれば、子どもは変わる…。周りの人たちの反対にも負けずに
信念を貫き、子どもたちを変えた校長先生のお話。


2015110502.jpg


2015110501.jpg
関連記事

コメント

給食で死ぬ、読みました

こんにちは

大塚貢さんの本を、少し前に読んだところでした。
お話聞いてみたいです。講演会いいですねー!
信念を持った先生、尊敬してます。

私は、3.11後、放射能については何が何でも安全を求めていましたが(今もですが)、この本を読んでから、農薬についても、かなり危機感を持つようになりましたので、感謝しています。

ではまた

2015/11/05 (Thu) 09:24 | Catherine #- | URL | 編集
Re: 給食で死ぬ、読みました

Catherine さん、


私は最近はゆるくなってきています。
けど、危ないのは放射能だけじゃないなって思っています。
いろいろあるけど、問題視されていないことが問題ですよね。


久しぶりの記事でしたが、コメントうれしかったです。
ありがとうございます^^


2015/11/21 (Sat) 16:41 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。