スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある節分の次の日の風景

恵方巻きという習慣は、小さい頃はなかった。
ハロウィンと同じく、急にだれかが流行らせようとしたイベント、
のように感じてしまって、気分が乗らない。


だからというわけではないけど、ついうっかり、
昨日は恵方巻を食べ忘れた。年少の息子に、「作ろうね」と
約束していたにも関わらず!


ちょっと前に、友達が、母親と小さいころからうまくいかない、と言うので
理由を聞いたら、「母は約束を守らなかった」という返事だった。
子供が三人いて、自分は一番上で、忙しかったんだろうけど、
約束をやぶられるたびにがっかりした、と言っていた。


友達にそれを聞いてから、
子供にその場しのぎの約束はせず、約束したなら守ろう、
と心に決めていた。
(もともと子供には、適当なうそはつかない、約束は守る、
って決めてたんだけども)


…なのに、約束を反故にしてしまった!
「ママのうそつき!」と昨日息子に言われてしまった!
やっばーい!


反省し、本日、手巻き寿司もどきの恵方巻パーティーを
やった。「ママはうそつきじゃないね」と念を押しながら。
から揚げ、たくあん、キャベツをゆでたの、しか
具はなかったのだけど(卵も納豆も切らしてた)、
たいへんおいしかった。


話は変わって、私は『キャン・ユー・スピーク甲州弁?』という本で、
甲州の人は右とか左じゃなく、東西南北で話す、というのを
読んで以来、「そこの前の通りを北上して西に曲がるの」やら
「岡島の西の細い道にさあ、」やら東西南北を駆使しているので
東西南北については割と得意になったのだけど、


本日、夫は手巻きずしを、
「今年は西南西を向いて食べるんだ」と言って、
東南東を向いて黙って食べていた。









関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。