スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生可能エネ買い取り、5社が新たな受け入れを中断

こんなニュースがありました。


再生エネ買い取り中断で混乱拡大 売電でローン返済の個人も直撃
http://www.sankei.com/economy/news/141011/ecn1410110021-n1.html
-----------------------
再生可能エネルギーの買い取り制度で電力会社5社が新たな受け入れを中断したことによる混乱が拡大してきた。影響は発電事業者だけでなく、住宅建設の施主となる個人にも波及。屋根に設置した太陽光パネルの売電収入を住宅ローンの返済に繰り入れた人の中には「住宅の引き渡しを受けない施主も出ている」(大手住宅メーカー)。

 個人住宅で問題が深刻なのは主に九州電力管内だ。受け入れを保留したのは出力10キロワット以上で、通常は住宅の屋根に乗せる小規模な発電設備は対象にならない。だが、天候が安定して日照が期待できる九州地域では、屋根一面にパネルを乗せた10キロワット以上の“エコ住宅”が他地域に比べて急増。大手メーカーの業界団体「住宅生産団体連合会」(東京)によると、九州で10キロワット以上の太陽光住宅の契約済み件数は約1200件にのぼる。

 太陽光発電の場合、10キロワット未満の買い取り期間が10年なのに対し、10キロワット以上は20年になる。同連合会によると、10キロワット以上の住宅の平均的な売電収入は月2~3万円になり、「売電収入が見込めることでマイホーム購入に踏み切る人もいる」(幹部)という。


他の電力会社では、東北電力が50キロワットを買い取り保留か継続かの基準に設定しており、個人はほぼ対象外。北海道電力などは10キロワット以上だが、個人住宅が対象になるケースはあまりないもようだ。

 電力会社が新規受け入れを中断したのは、発電事業者らから送られた電力をすべて受け入れた場合、送電網の安定性を保てないとの懸念があるためだ。

 ただ、買い取り制度の中で「個人と事業者の区分けはしていない」(九電広報担当者)。九電が開いた説明会では「個人参加者からの不安の声も出た」(同)といい、政府や電力会社が今後検討する対応策では、住宅購入者の消費者保護の観点も求められそうだ。

 一方、発電事業者の懸念も増すばかりだ。経産省は「メガソーラー」と呼ばれる大規模な太陽光発電所の認定を一時停止することを検討。15日に開く総合資源エネルギー調査会新エネルギー小委員会で、委員によるそうした対応策の提案を示す。だが、一律に認定が中止されれば、これまで再生エネを推進してきた自治体や発電事業者の反発がさらに強まることは必至で、慎重な意見が出る可能性もある。


-------------------


山田征さんの話を聞いて、
再生可能エネルギービジネスのうさんくささを感じました。


「再生可能」なんていい名前を付けているけど、例えば、
太陽光発電に使われるソーラーパネルのレアメタル採掘時に起こる
健康被害、それと安全に廃棄する方法が確立されていないことでの
環境破壊を知りました。
風力発電の施設による低周波振動の被害、
そしてひどい環境破壊もあるのです。


山田征さんは、「再エネ発電賦課金等」を払うのを拒否して、
今は東電からの電気なしで暮らしている方です。


「再エネ発電賦課金等」、見慣れないかもしれませんが、電気ご使用量の
お知らせ、に書かれています。
我が家の9月分は、192円。


これが、再生エネルギーと呼ばれるものからの電力を固定で買い取る
固定買い取り制度の財源に充てられています。
私たちの電気料金に、勝手に上乗せされています。


個人なり事業者なりが屋根にのっけた太陽光パネルから
電気を売るとき、私たちのお金が使われているのです。
そして今のところ上限がないので、買い取れば買い取るほど、
私たちの電気料金があがるのです。


冗談じゃないって思ってました。
なんでその人たちを潤すために私のお金が使われるの?
なくなってくれればいいのに、って。


太陽光パネルを乗っけて、売電したお金とローンを相殺して、
月々の支払いがゼロで新築の家を建てられる、という
話も聞いたことがあります。


そんなおかしな話がありますかね。
いつ買取がなくなるかもわからないし、パネルの寿命20年たったら、
廃棄にきっとかなりのお金をとられる。


まあ、まだどうなるかわからないけど、
再生可能エネルギー、うさんくさすぎて話にのれない。


エネルギーは、使わないのが一番。
使う量をできるだけ減らすのが一番。


買い取り中断もどうなることがわからないけど、
再生可能エネなんてうさんくさいことに
自分の運命をかけないことが得策です。




関連記事

コメント

気持ちは理解するが

 でもねえ、再生に力入れないと、何時まで経っても原発から逃れられないんじゃないかなぁ?
 個人は電気なくても生活できるかも知れないが、企業活動はそうはいきませんよね。中小零細が今、円安による燃料高騰で困っています。これを押し進めて居るのがアベ自民党(本当はEU自由党と同じ)です。そこから導かれる答えは、「小さな企業が困っているから、地方が活性化しない。だから原発だ」ですよ。この理論を押し進める為に経産省や電力会社が行っているのが、今の買い取り保留だと思っています。
 物事には必ず陰陽が有ります。原発の恐ろしさと、ソーラーパネルを作る為に起こる被害や廃棄によって起こる損害と原発に由る加害性の大きさを比較しないで論じてはいけないのではないでしょうか?又、上に書いたような陰謀的策謀も有りそうでしょ?
 そして最後に、大企業だけが大きな利潤を上げ易い原発と個人や地方の工務店などの中小零細企業も参入し易い再生エネルギー、どっちが国民全体を大きく網羅し、更に一市民にとって良い事なのか考えて見た方がよく有りませんか?
 ドイツなどはその理念のもと推進しているんですがね。そして今や28%以上が再生です。電気代の高騰についての肯定派も99%に上ります。何故か?倫理がしっかりしているからです。原発と再生どちらが地球、生物そして人類にとって利益が有るのかを一般市民に加えて哲学者や宗教家も交えて論議し、結論を得ているからです。
 一方的見方の人の意見だけで結論を結んでしまうと大きな利益や権力を握っている人現達を利することに為りかねません。
 もう一度の再考をお勧めします。

2014/10/13 (Mon) 18:03 | hotaka43 #mWyI0ZzU | URL | 編集
Re: 気持ちは理解するが

hotaka43さん、


脱原発にするなら、再生可能エネルギーを推進しないといけない、
というのは思い込みではないですか?

原子力ムラは再生可能エネムラと結局ウラで
繋がっている、という話もありますし。

原発でもなく、再生可能エネでもなく、
新しい火力発電でいいのでは。
コンバインドサイクル発電というのは、75%の熱効率だそうです。
原発は熱の3分の2は温水として捨ててるそうですけど。

新しい方式でなかなか建てずに、
今までの熱効率のわるい火力を使ってCO2の問題が、とか
燃料高騰の問題が、だから原発が必要だ(だから再生可能エネが必要だ)、ってのが
ムラの理論だと思ってます。

また、廃棄の問題を未来の子供世代に先送りして
目の前のもうけに群がっているメガソーラーの
業者とかを見ると、「再生可能」なんてキレイな言葉の
裏側にあるものを考えてしまいます。


一方的見方と言われてしまうのは残念です。



>  でもねえ、再生に力入れないと、何時まで経っても原発から逃れられないんじゃないかなぁ?
>  個人は電気なくても生活できるかも知れないが、企業活動はそうはいきませんよね。中小零細が今、円安による燃料高騰で困っています。これを押し進めて居るのがアベ自民党(本当はEU自由党と同じ)です。そこから導かれる答えは、「小さな企業が困っているから、地方が活性化しない。だから原発だ」ですよ。この理論を押し進める為に経産省や電力会社が行っているのが、今の買い取り保留だと思っています。
>  物事には必ず陰陽が有ります。原発の恐ろしさと、ソーラーパネルを作る為に起こる被害や廃棄によって起こる損害と原発に由る加害性の大きさを比較しないで論じてはいけないのではないでしょうか?又、上に書いたような陰謀的策謀も有りそうでしょ?
>  そして最後に、大企業だけが大きな利潤を上げ易い原発と個人や地方の工務店などの中小零細企業も参入し易い再生エネルギー、どっちが国民全体を大きく網羅し、更に一市民にとって良い事なのか考えて見た方がよく有りませんか?
>  ドイツなどはその理念のもと推進しているんですがね。そして今や28%以上が再生です。電気代の高騰についての肯定派も99%に上ります。何故か?倫理がしっかりしているからです。原発と再生どちらが地球、生物そして人類にとって利益が有るのかを一般市民に加えて哲学者や宗教家も交えて論議し、結論を得ているからです。
>  一方的見方の人の意見だけで結論を結んでしまうと大きな利益や権力を握っている人現達を利することに為りかねません。
>  もう一度の再考をお勧めします。

2014/10/13 (Mon) 18:31 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。