スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月23日の「さようなら原発全国大集会」は亀戸中央公園に変更

9月23日の「さようなら原発全国大集会」は、
デング熱騒ぎにより、会場が亀戸中央公園になったそうです。
http://sayonara-nukes.org/


で、さよなら原発1000万人アクション、首都圏反原発連合、
原発をなくす全国連絡会の3者で主催予定だったのが、
2つがぬけて、さよなら原発1000万人アクションだけの単独開催となるそうです。
プレスリリースはこちら


なぜ抜けたんだー、2団体。


ともかく、今回のデング熱は騒ぎすぎの気がします。
エボラ出血熱ならわかるけど。


たぶん、手の負える範囲だったからじゃないかな。
これでどこから発生したのか特定できなくて、
全国的に患者数が数百倍とかになってたら、
代々木公園封鎖とかはしないで、
「致死率は高くないから、受診すれば大丈夫」って言ってたんでしょうね。


そもそも、代々木公園、って特定できるのがおかしい気も
しちゃいました。
私はいろんな場所で蚊に刺されますからね。
共通で刺された場所ガーっとかいってくるんでしょうけども。


で、ちょっと笑っちゃったこと。
まずはこの新聞記事を。
----------
仏サノフィ、デング熱予防ワクチン 15年実用化目指す
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM03H2N_U4A900C1EAF000/
【パリ=竹内康雄】フランスの製薬大手サノフィは3日、デング熱を予防する
世界初のワクチンについて、臨床試験で効果が確認されたと発表した。
デング熱は熱帯地域を中心に年間1億人が発症する感染症。
サノフィは2015年の実用化をめざす。

 サノフィが中南米の9~16歳の子供2万1000人にワクチンを試したところ、
感染リスクが60.8%減少したことが確認された。重症化して入院するリスクは
80.3%減ったという。サノフィは20年以上にわたってデング熱のワクチン開発に取り組んでいる。

 デング熱は東南アジアや中南米など亜熱帯から熱帯地方で流行。
蚊が媒介するウイルス性の熱病で、人から人には感染しない。
感染しても重篤化するケースは多くない。
3~7日の潜伏期間の後に38~40度の高熱が出る症状で、今のところ特効薬はない。
日本でも8月に69年ぶりに感染が確認された。
--------------------------


で、そのサノフィ株式会社の本社があるところが、
オペラシティ。

chizu.gif

下の緑が、明治神宮と代々木公園。
デング熱が発生したところ。


あ・ら。
マッチポンプ!?(笑



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。