ボスニアの、こねないパンのレシピ

先日、遊びにいったおうちでお昼をごちそうになり、とてもおいしい自家製のパンをいただきました。シナモンの香りがすばらしく、レシピを聞いてますます前のめりになったのは、「こねない」という部分。1時間に4回、15分おきに、まぜるだけ。彼女がボスニアの友人から聞いたレシピだそうで、ボスニアではパンは神聖なものだから、叩いたりいじくりまわしたり、しないんだそうです。掲載していいよ、という許可をいただいたので、載...

国産しいたけを給食で使いなさい、という内容の、国からの通達が全国へ

ツイッターでみて、「またか…」とブルーになったニュース。文科省が、学校給食で国産しいたけを使うよう、通達を出したとのことです。「風評被害につながりかねない自粛等の取扱いをしないなど適切に対応することについて、」と言ってます。風評被害。しいたけは放射能を取り込みやすく、今までも基準値すら越えているものが出回って何度もニュースになっています。風評被害の解消に、子どもの給食を持ち出すのは本当にやめてほし...

松本市に、子どもが過ごせる寮ができるそうで、すばらしいと思います。

松本市長の菅谷先生が甲府で講演をされたとき聞きに行きました。菅谷先生は、チェルノブイリ事故のあと、現地で、ボランティアで甲状腺がんの手術をしていた方です。どんな影響がでるのか、自分の目でみて、経験で、よく御存じの方です。講演で先生は、短期保養ではなく、長期保養の必要性を訴えてました。そのためには、個人単位ではなく、クラス単位での移動が好ましい、と。それは行政がやるのがいい、と。でも、日本の行政にそ...